西南方位(二黒土星の気)で開運する!

Pocket


 

西南方位で開運いろは

 

開運効果 ( 特に期待できること )

恋愛運:まじめな恋愛ができる . 誠実な男性や家庭的な女性との出会いがある .

仕事運:コツコツと努力して業績が伸びて行く . 従順な部下ができる .

健康運:体力がついて, 疲れにくくなる .

安定運:ゆっくりと全体としての運気が上がる .

不動産運:お値打ちな物件や不動産を見つける事ができる .

* 開運(方徳)とは, その時々のあなたが必要としていること, または不足している事や欠けているもの に対してとても良い作用を生むものと考えます .

あなたが積極的にその効果を強めていく場合は, 西南方位(二黒土星)の持つ気の特徴である『象意』を意識して行動することが一番の祐気採り(プラスのエネルギー集め)といえます.

 

スポンサードリンク






 

西南の象意(エネルギーを取り込んでいく)

( 西南方位の旅先でイメージしやすい象意 )

甘い , おはぎ ,  一般的な菓子, お米 , チャーハン , 丼もの , トウモロコシ , 柿 , バナナ , マンゴー(甘い果物) , 芋類 , キノコ , 地元の農産品

大衆食堂 , ファミリーレストラン, 低い階(2階とか) , 安くて古い宿 ,

広大な土地, 田畑, 田園 , すずめ , 陶器 , 日用品 , 骨董品 , 不動産 , 農業

中年女性 , 老女との交流 , 地味・コツコツ, 安い, 看護師さん

( 西南方位でよく目にするもの )

すずめ(の声) / アリの行列 / 広い田畑 / 古い建物 / 食堂(大衆) / 病院

*宿泊先が古かったり, 低階層(1,2階とか) に泊まる事がよくある . 西南の方角に来ている事を実感しますが, 西南方位を意味する二黒土星が別の方位に回座する時も同様のケースになる事があります .

( 西南方位の象意 だいたいのイメージ )

大衆的, 安い / 甘いお菓子 / ご飯・丼もの / 大衆食堂 / 農産物 / 広い土地 / 土でできたもの / 地味 / 日用雑貨

 

関連ページ 二黒土星(西南)の象意とは?

関連ページ 二黒土星(西南)の象意一覧

 

スポンサードリンク






 

西南方位の開運行動 トップ10(おすすめ)

 

温泉に入る .

↗︎  ゆっくりと入浴して全身を癒しましょう.

② 甘い果物を食べる .

↗︎  果樹園でフルーツ狩りを体験してみよう.

③ 土に触れる , 身体を動かす .

↗︎  散策をしながら自然の音や匂いを体感しましょう . その時々の季節を感じましょう .

甘味処に立ち寄る .

↗︎  甘い小豆のお餅で一息つきましょう .

農産物を購入する .

↗︎  道の駅で特産物をお土産に買って行こう.

 陶器を買う .

↗︎  お気に入りのコーヒーカップを探してみよう .

大地を車で走る , または自分で走る .

↗︎  広い大地を感じ取りましょう . 気持ちのよい朝にジョギングをしてみよう .

 丼ものを食べる .

↗︎  ご当地の名物丼を探してみよう.

神社にお参りする .

↗︎  地元の由緒ある神社を訪ねよう .

 

目標にしている事で 時間をかけてでも 叶える事ができたらどんなにいいかと思うものをメモしてみる .(リラックスした状態で)そして それを叶えるのに一番簡単で自分にとっては苦にならない, コツコツ続けられる方法はどんな事があるか, 優しく心の中で問いかけてみる . *努力(準備)するのが不思議と苦にならない効果がこの吉方位にはあります .

 

旅先で象意を楽しめるのであれば どんなものでもいい

 

吉方位の時に ご自身の出張や旅行などで訪れたときは, ぜひ地元で穫れたものを頂きましょう . 例え その方位での象意に入っていなくても グルメを楽しむのは吉方位旅行の肝ですから, 大好物のものがあれば 事前にリサーチしておきましょう . 食べ物を美味しく頂ければ, それで裕気を取り入れていると思って良いです .

 

ひたすら続けているとやがてたどり着く

 

以前, 東南アジアで農業事業に挑戦をしていた時に 日本から送った中古車を現地で走らせて奥地の方まで出掛けて行きました . 都市部から優に1,200kmを超える距離を移動しました. 当時, 新しく開通した高速道路があり, 赤土の広大な土地をただただ一直線に縦断して行きました . 初めはゴム園や竹林などが両脇に見え, その後だんだんと内陸の乾燥地帯に入るにしたがい, ほとんど木の生えていない荒野となって, 至るところにつむじ風が発生しているようなエリアを通るようになりました.  しばらく走り続けると今度は スコールに遭遇して 視界がまったく見えなくなり, あっという間に道が冠水してしまいました . やっとの事でそこを抜けるとまたいくつかの農村や田んぼが見え始めてきて, マンゴーの木々や大きな建物が見られるようになり, 次の都市が近づいてきているのが分かりました . いろいろな場所や環境を通り過ぎながら, ただコツコツとひたすらに前進を続ける事でやがて新しい世界に到達できるという壮大なテーマを体現した気持ちでした .

見た目や誠意ある言葉よりも 淡々とした行動を見ている

インド(西南方位)で事業をするために初めて出張に向かったときが, 二黒土星の同会月の時でした(五黄土星の私にとっては吉方位でした) . まずは愚直に取引の候補先を現地パートナー(補佐)と一緒に1つずつ訪れて行って, 商品のレベルを確かめていきました . 毎回じっくり時間をかけて いろんな工場を渡り歩きました . 現地では, こんなにじっくり検品をする日本人はいないと困惑していましたが, 『まじめだ』という印象を持ってもらい, すぐにビジネスを始める事ができました . その後 紆余曲折はありましたが, 真面目で従順な部下とパートナーと共に事業を続けております . 見た目で印象が得られる事もあるかもしれませんが , まじめさで信用を得ることは より中身のある事象だと思います .

九星気学/方位学

関連ページ 二黒土星(西南)の象意とは?

関連ページ 二黒土星(西南)の象意一覧

 

スポンサードリンク






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です