2016年 七赤金星の人の凶方位対策/影響から開運へ

Pocket


 

七赤金星の人の凶方位

【2016年】

 

期間

2016年(2/4〜) から翌 2017年(〜2/3)までにおいて,

方位盤2016七赤金星の人

 

現在のお住まいの場所から 北方位 , 南方位西南方位 , 東北方位 が七赤金星の人にとって 凶方位となります。

 

スポンサードリンク






 

七赤金星の人

 

さらに月ごとに変わる  凶方位は 下記の通りになります。

 

2月(2/4〜3/5)

3月(3/6〜4/4) 西

4月(4/5〜5/5)  西北 ,   ,  西 

5月(5/6〜6/5)  東南西北

6月(6/6〜7/6)   ,   西 ,

7月(7/7〜8/7)  東南西北 ,

8月(8/8〜9/7)   , 西

9月(9/8〜10/7)  東南西北 ,  

10月(10/8〜11/7)   , 西 , 東南

11月(11/8〜12/6)  東南

12月(12/7〜翌年1/5)

 

スポンサードリンク






 

<凶方位の影響は?>

行き先は 凶方位でも?日帰りならば影響ない?

 

 

1年を通して凶方位月ごとに変わる 凶方位を組み合わせると ほとんどの方角が凶方位となりますが,

 

日帰りの旅行や出張の場合では,  これらの凶方位とは関係がないと考えます。

 

日帰りで出掛けられる場合は, 年や月の凶方位の影響は受けないと考えます。凶作用が入る前に自宅に戻ってしまうので, 影響がそこまで及ばないと考えます。

 

また 年間の凶方位であっても, 1泊程度の滞在であればその影響はほぼ無いと考えます。

 

その場合は, できるだけ月間の凶方位の時期に重ならないような,

できれば月の方位(月盤)が七赤金星の人にとって 吉方位に入るようなタイミングでの滞在が望ましいです。(ただ実際の生活の中で, 特定の時期を選ぶのは難しいですが。。)

 

 

月間の凶方位に関しては, 1泊する場合, 若干 気をつける必要があるかもしれませんが ,

 

個人的な経験では 2泊目  以降から 何かしらの影響が出てくるように感じます。

 

お仕事での出張やどうしても凶方位に行って 泊まる必要がある場合でも,

自分のできる範囲で 必要最低限(1泊くらい) の滞在にとどめておけるように心がけていくのが良いと思います。

 

凶方位へ行っても ,

その後で いくらでも挽回できますし,  そこへ出掛ける事自体を躊躇するよりかは ,

必要な用事をしっかりと済ませる事をまず第一優先にして頂ければと思います。

 

<凶方位対策>

*長期で凶方位へ滞在される場合の対策ページです.

 

関連ページ 2016年凶方位対策(出張・旅行の影響vol.1)

関連ページ 凶方位対策(引っ越し・転勤編)

関連ページ 2017年七赤金星の人の凶方位一覧

 

*凶方位から運気を挽回させるには?

 

関連ページ 2016年七赤金星の人の吉方位一覧

関連ページ 2017年七赤金星の人の吉方位一覧

 

関連ページ 七赤金星の人の性格とは?トークセンス抜群?

 

スポンサードリンク






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です