東(三碧木星の気)の凶方位の影響と対策一覧【旅行・出張・引っ越し編】

Pocket


 

東方位(三碧木星の気)の凶方位対策

 

 

凶方位の場合の影響とは

 

東の凶方位や三碧木星が回座する凶方位に宿泊を伴った旅行や出張をされる場合, その象意特有の凶作用というものが出やすくなるという考え方があります.

実際に体験した事を中心にご紹介します.

 

【凶作用例 一覧】

 

騒音・うるさい

 

・宿泊先の周囲がうるさい

・工事現場が近い, 交通の往来が激しい場所

・夜も酔っぱらいや隣りの部屋が大騒ぎをして眠れない

 

電気系統・機器の故障など

 

・PCの不具合に注意

・充電器や携帯電話の故障に注意

・海外では変圧器や変換プラグ型に注意

・停電なども

 

勘違い・意思疎通が滞る

 

・連絡がつきづらくなるケースがある

・メール送受信やネット回線などに不具合も

・情報伝達の遅れなどで相手との誤解が生じやすくなるケースなど

 

その他

・ゲームに思わず没頭して時間を浪費してしまう

・驚くようなニュースや連絡が来たりする

・酢の立ちこめる場所へ行くことも

・雷に遭遇する事が多い

 

*これらの傾向は年盤と月盤が重なる同会の時期に象意が強まる傾向があります.

 

スポンサードリンク






 

 

【実際の対策には】

 

騒音対策には

 

↗︎ 宿泊先がうるさいと不眠となって翌日の体調に影響が出てしまいかねません.

・耳栓をする(予備も用意する)

・道路に面していない部屋を選択する

・自分のお気に入りの音楽を聞く

 

機器の故障の対策に

 

↗︎ 滞在先でカメラやPCなどの機器が故障してしまうと困る事も増えます. 予備のバッテリーや保護ケースなどを用意しておきましょう. ウィルスソフト対策も行っておきましょう.

・海外などでは停電も珍しくありません. 念のために小さな懐中電灯を持っていくのが良いでしょう.

 

意思疎通には?

 

滞在中に連絡が取れないようなケースはそれぞれに連絡手段を用意しておくのも良いでしょう. 人里から離れた場所や発展途上国などへ出掛けられる際は, あらかじめ連絡が取りづらい事を周囲に伝えておいた方が良いかもしれません.

また意思疎通に関しては滞在中だけでなく, 日々コミュニケーションを取っているかについて関係していきます. 普段, 疎遠になりがちになっていた大切な人や最愛の人がいらっしゃれば, 意識的に連絡を取っておきましょう.

 

スポンサードリンク






 

 

<凶作用の象意一覧>

 

大音量の音楽・騒音・酢の臭いが立ちこめる・電気ショート・電気系統の故障・停電・落雷・突然の大きな雷鳴・

相手の勘違いによるトラブル(意思疎通の欠如)・地震・大音量の音楽・深夜の酔っぱらいの大騒ぎ・子供が泣く, 騒ぐ・ゲーム依存・メール送信のトラブル・連絡が来ない・ネットが繋がらない

 

<三碧木星を体感する>

 

【翌朝ドリル音で目が覚める】

 

当時, 三碧木星の同会月にある国へ半月ほど出張に出ていた事があります. 現地の空港に到着直後に南部の沖合で M.8.0の地震が起こったとニュースがありました. とても驚きましたが, 震源地は比較的離れていたので現地の被害は皆無でした. そして滞在期間中はちょうどお祭りの時期と重なっていた事もあって, 毎日大音量の音楽が朝から流れていました. 夜になると毎晩 雷鳴が轟いて, 近くで落雷があったり, 停電が起きたりしました. 深夜になると必ず隣りの住人が酔っぱらって大声を出して安眠から起こされてばかりでした.

現地のお店へ入ったときには, 出した紙幣の金額を店員が間違えてお釣りの金額が小額になって返ってきました. 私はその国の言葉を話せなかったので, 相手にこの間違いの指摘・理解してもらうのにかなり時間が掛かりました.(最終的にはレジのお金と売上げ表を全て数え直してもらい正しいお釣りを頂きました, そこまで対応してくれたお店に感謝しています.) こういうケースも初めてでした.

 

現地出張は今まで異常がなかったにも関わらず, デジカメの充電器と携帯電話が故障して使えなくなりました. (帰国してから無料修理しましたが) ネット回線も非常につながりづらい環境である事が多く, 不便な滞在でした. 対策は事前に十分に取れる内容でもありました.

結局, 不眠などで体調を崩して, 予定よりも早く切り上げて帰国する事になりました. そして無事 深夜に日本に帰国し, 帰路についてそのまま床に就きました. しかし安心したのもつかの間, 翌朝早く 隣りの家のリフォーム工事のドリル音で目が覚めました. 部屋の窓のすぐ真横でドリルがギギギーと金属音を出して工事(初日)が始まっていたのでした.  滞在した方位の象意は, 帰宅した当日か翌日に出るとも言いますが, まさに同会の三碧木星のエネルギーを体感した出張でした.

 

凶方位へお出掛けになる時に心がけたいこと

 

凶方位に出掛けるというと, とても縁起が悪く, 怖いことをしているかのようにイメージしてしまいがちですが, 日常生活において ほとんどの方々は凶方位の存在を知らずに大きなトラブルもなく活動をしている現実があります.

凶方位へ来ているからといって過敏に反応をして, 必要な行動が取れなかったり, 気持ちを滅入らせてしまうよりも, 何かしらの対策を事前に取って, せっかくの滞在をしっかりと果たしていく事が何よりも大事だと思います.

凶方位へ行った際に何かしらの影響を感じると思われる方には各方位にある象意について参考にしていただければと思います.

 

スポンサードリンク






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です