六白金星の人 2018年(平成30年)吉方位旅行効果と開運時期(祐気取り)

Pocket


 

六白金星の人

2018年(平成30年)

 

【吉方位旅行編】

 

開運吉方位旅行とは

 

九星気学においてあなたの本命星が

六白金星の人にとって

吉方位となる時期に旅行や宿泊を伴った滞在をすることで, プラスのエネルギーがあなた自身に 開運効果(吉作用) を促すようになり,

ちょうど あなたにとって必要なものを得たり, 欠乏していたものを補ったりするなど, プラスのきっかけを生み出す効果があると風水では考えられています.

吉方位旅行 に出掛ける事で, あなたにとってのプラスのエネルギーを吸収して,  色々な願いや解決したかった問題に積極的に取り組んで行けるように応援しもらうのが 方位取り(祐気取り)の醍醐味でもあります. 

 

六白金星のあなたにとって

月盤・年盤がともに 吉方位(吉となる方角)となる期間に旅行されることをお勧めします.

 

スポンサードリンク






 

2018年の吉方位 早見表

 

期間:2018年(1/6〜) から翌 2019年(〜1/5)

 

月盤と年盤がともに吉方位

 

  1月   (1/6〜2/3)

2月   (2/5〜3/5)  西

3月   (3/7〜4/4)

4月   (4/6〜5/4)

5月   (5/6〜6/5)

6月   (6/7〜7/6)  , 北西*

7月   (7/8〜8/6) **西,*,北西

8月   (8/8〜9/7)

9月   (9/9〜10/7)

10月   (10/9〜11/6)  西

11月   (11/8〜12/6)  西

12月   ( 12/8〜翌1/5)

 

* 天道付き, 吉方位の効果をさらに高めてくれます.

**同会月・・・7月は 年盤と月盤が重なる同会月です.  この時期の吉方位旅行は効果が倍増すると考えられています.

 

上記の吉方位表は, 年盤と月盤がともに吉方位になるので, 長期的な滞在(引っ越し長期出張など)にも適応した方角(方位)と言えます.

 

関連ページ 東方位の吉方位旅行効果一覧と開運行動・毒出し

関連ページ 北西方位の吉方位旅行効果一覧と開運行動・毒だし

関連ページ 西方位の吉方位旅行効果一覧と開運行動・毒だし

 

月盤のみ吉方位

 

仕事や家族の都合などで 月盤・年盤の揃った時期に旅行へ行く事のが難しい場合があります. ちょうど条件が重なる時期が少なく限定的だからです.

そのような場合は, 年盤が凶方位でない条件で 月盤が吉方位になる時期を探し出します. 年盤の影響は現れてくるのが遅いので, 短い滞在期間となる一般の旅行においては, 年盤よりも 月盤を中心に吉凶を判断するという考え方があるからです.

2018年(平成30年)の場合では, 月盤のみの吉方位で活用ができるのが, 1月の西方位のみとなっています. 

 

( カッコ内の方位  )◀︎ 月盤のみ吉

  1月   (1/6〜2/3) (西*)◀︎ 月盤のみ吉

2月   (2/5〜3/5)  西

3月   (3/7〜4/4)

4月   (4/6〜5/4)

5月   (5/6〜6/5)

6月   (6/7〜7/6)  , 北西*

7月   (7/8〜8/6) **西,*,北西

8月   (8/8〜9/7)

9月   (9/9〜10/7)

10月   (10/9〜11/6)  西

11月   (11/8〜12/6)  西

12月   ( 12/8〜翌1/5)


*
= 
天道付き, 吉方位の効果をさらに高めてくれます.

 

スポンサードリンク






 

 

吉方位旅行の基本と注意点

 

1, 出発日時は?

 

方位学では, 自宅を出発する時が吉方位旅行のスタート時となります.

旅行を計画される際は, まず出発日が自宅から見てちゃんと吉方位となっているかどうかを確認しておきましょう.

旅行期間中に次の月盤の期間(節入り)に移ったとしても, 方位学では 出発当日から見た方位を基準に吉凶の影響を考慮します.出発時の方位が吉凶を占う基準になります.

 

*月替わり(節入り日)の前後は月盤が入れ替わるタイミングのため,  様々な気が混ざりやすいと考えられています.  節入り日以外のカッコ内 の期間(  〜  ) に記載されている日程での出発をおすすめします.  その方が 自分が選んだ方位に確信を持つことができるからです.

 

関連ページ 2017年 六白金星の人の吉方位旅行効果と開運

関連ページ 2017年 六白金星の人の凶方位対策

 

2, 滞在期間は?

 

吉方位の範囲内にある場所で 3泊4日以上の滞在が望ましいとされていますが, 個人的な体験では2泊でも同様に効果を感じる事があります. 現地のプラスエネルギーを充分に吸収するためには, できるだけ長い時間その土地に留まる事が必要であると風水では考えますので, 3泊以上の宿泊がベストと言えそうです.

 

3, 開運効果はいつ?

 

吉方位へ旅行に出掛けた月を1ヶ月目として,

4ヶ月目
, 7ヶ月目,10ヶ月目, 13ヶ月目 吉効果が現れやすいとされています.

 

実際には, 旅行から帰宅後にすぐに効果が出ることもあります. また旅行を計画している段階でも効果や作用が出てくるケースもあります.

出掛けた方位によっては, 効果が出やすかったり, 少し時間がかかったりする場合もあります. それは各方位の象意に関係して効果の現れ方に違いがあるからです.

あくまで個人的な見解としてですが, どの吉方位(方角)の旅行も帰宅後は 体調が良好になるという実感があります.

 

旅行後に共通して効果がよく現れる月 (4,7,10,13ヶ月目)の他に, 各方位がそれぞれに持つ 吉効果が強まる月は以下の通りです.

*旅行に出かけた月を1ヶ月目として,

 

南西方位の場合・・・4ヶ月目

北東方位の場合・・・7ヶ月目

      西方位の場合・・・8ヶ月目

北西方位の場合・・・9ヶ月目

 

九星気学・開運いろは

 

4, 吉効果をさらに高めるには?

 

・出発前の自宅をきれいに掃除をしておく

 

吉方位の旅先で 新しい生気(プラスのエネルギー)を吸収して自宅に戻ってくる際,  部屋がきれいな状態であった方が 新しい気がしっかりと根付きやすいと風水では考えます.   出発前にお掃除・整理整頓をして 開運エネルギーになる気(祐気)を呼び込みましょう.

 

・旅行先(方位)の象意に沿った行動を取ってみる

 

各吉方位(方角)の特徴である象意 を意識して行動する事で 吉作用のエネルギーを最大限活かしていくという考え方があります.  また地元の旬の食材を楽しんだり, 繁盛している場所に出かけたりするのもパワーチャージには良いでしょう.  祐気採り(プラスのエネルギー集め)の代表格はやはり温泉ですね.

 

関連ページ 六白金星の人の性格は?完璧主義のカリスマ?一人も大丈夫?

 

5, 各方位の詳しい象意 一覧

 

関連ページ 西方位(七赤金星の気)の象意一覧

関連ページ 北東方位(八白土星の気)の象意一覧

関連ページ 南西方位(二黒土星の気)の象意一覧

関連ページ 北西方位(六白金星の気)の象意一覧

 

方位ごとの開運効果で 旅行先を探してみたり, 旅先の過ごし方を計画したりするのも吉方位旅行の楽しみですね.

 

風水旅行・開運いろは

 

スポンサードリンク






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です